宮城県角田市にある、曹洞宗・長泉寺です。いち早く環境ISOを取り入れ、環境活動を推進しています。

平成30年11月14日・・・晴れ

霜降・霜始降(平成30年10月18日)

    おはようございます。
    やかんのお湯が沸騰するまでの時間が長くなり、季節が冬に近づいてきたことを知ります。退屈な時はお湯がふつふつと沸く景色を眺めるのも面白いもので一点から小さな泡がプクプク沸き上がり、次第にお湯が沸き、湯気が立ち昇ります。

    昨年、及川聡子先生にお寺の書院に大きな湯気の襖絵を書いて頂きましたが、はじめ水面がゆらゆらと、そしてあっという間に激しく沸き立つ湯気の姿にすごいエネルギーを感じ、一刻一刻と変わる生々流転の姿に勇気づけられる気がいたします。

 
    さてこれはだいぶ前に読売新聞に特集された記事ですが、松浦静山の「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」という言葉について書いてみようと思います。松浦静山はご存じのように『甲子夜話』という膨大な随筆集を書いた平戸藩の藩主です。
    プロ野球の野村監督もこの言葉に触発され、「負けに不思議の負けなし」と言う本を書かれたようで長らくこれは野村語録のひとつ即ち野村監督が作った言葉だと思われておりましたが、これは松浦静山の言葉であります。「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」という言葉は、勝負事に運はつきものだが運で勝つ事はあっても負けるときには何か理由があるという意味のようです。
 
    さて最近はお寺や仏教に対する眼もなかなか厳しい世の中になってまいりまして、お坊さんやお寺に対する評価と申しますか判定が少し落ち気味のように感じます。ひょっとしたら「負けに不思議の負けなし」と言われるように、評価が低調になったのには何か理由があるに違いないと思います。
    人は理屈では動きません。したがって、本を読んで勉強する、それもお寺のお坊さんにとっては大事なことだろうと思いますが、それ以上に日常の生活の中で、私たちのご先祖のお墓をきれいにして下さっている、いつもお参りに来て下さいという意味でお寺を掃除してくれている、私たちと同じように共同奉仕の区内の清掃の時には出てきて頑張る、そういう姿をもっと見せることが大事なのではないかと思います。そして、読経のときは姿勢正しく大きな声で朗朗と読むことです。坐禅で培った丹田呼吸で響くように朗朗と読経することです。マイクを頼りにする僧侶が増え、これでは「ありがたさ」がダウンするばかりでないかと私さえも危惧します。本業は大事にせねばなりません
    いよいよ秋も深まり、長泉寺の紅葉もこれから一枚二枚とたくさん葉を落とします。人数的に回らない時もありますがせっせと庭掃きをしておりますので声をかけて下さるとありがたいと思います。失礼しました
 
      ※霜降(そうこう)・・・二十四節気の一つ。元来、太陰太陽暦の9月中(9月後半)のことで、太陽の黄経が210°に達した日(太陽暦の10月23日か24日)に始り,立冬 (11月7日か8日)の前日までの約15日間ですが、現行暦ではその期間の第1日目をさします。今年は10月23日があたります。次の節気は立冬です
 
 

長泉寺住職
奥野 成賢

今回は、ミネ幼稚園のお友達です。




 
2018.10.30

庫裏に布袋様

2018.10.03

大教師就任披露に伴う法要が開催されました。

2018.09.20

峯のたより15号を掲載しました。

2018.8.16

石川家廟所及び墓碑に関するお問合せについて

2018.6.28

長泉寺境内・ミネ幼稚園の石碑を撤去・移設いたします。

2018.5.3

参道車両通行止めのお知らせ

2018.4.4

PCの一部ブラウザでの不具合について

2018.4.4

夜桜のライトアップを本日から11日まで行います

2018.3.28

境内の桜が開花しました

2018.3.16

峯のたより、最新号掲載しました。

2018.2.28

お地蔵さんの着物等を頂きました。

2018.2.3

節分豆まきを行いました

2018.1.1
2017.10.25

長泉寺の紅葉始まりました。

2017.10.25

日曜坐禅会を10月29日より再開します。

2017.9.22

峯のたより最新版を掲載しました。

2017.7.20

ののさま涅槃苑のご案内

2017.6.7

梵鐘お休みのお知らせ

2017.3.12

東日本大震災七回忌追悼大法要を開催しました。

2017.2.1

涅槃会法要(~2月15日)毎日午後4時から

2016.5.11

「熊本地震・災害義捐托鉢」を行いました。

2015.7.1

エコキャップ回収運動について

2015.2.23

護持会会則を掲載しました。

2014.5.21

ISO14001、認証取得から自己宣言へ移行しました。