宮城県角田市にある、曹洞宗・長泉寺です。いち早く環境ISOを取り入れ、環境活動を推進しています。

平成30年9月19日・・・快晴

十五夜(平成30年9月19日)

    もうすぐ十五夜がやってきます。
    今年の十五夜は平成30 年9 月24 日、すなわち旧暦で言う8 月15 日、十五夜のお月見の日です。

    お寺では本堂に向かって左側、つまり広い庭が見える南側の広縁に祭壇を祀ってお寺のお月見を致します。

    午前中から祭壇を飾り付け、お団子や葡萄や柿や林檎といった季節の果物、豆や芋、栗など並べ夜のお月見の準備をします。
    毎年、お昼近くに幼稚園のお友達もたくさんお参りにやって来て園長先生から「お月様とウサギさんのお話し」を聞きます。そして、やさしいウサギさんに感謝する気持ちで、そして、月に映るウサギさんに手を合わせ、お団子をいただきます。お団子をいただいてゴクンすると、ウサギさんのやさしい心と勇気もいっしょに体にゴクンしたようになり、子どもたちはみんな嬉しくなります。お家でもお父さんお母さんにお話して下さいとの園長先生の言葉にハイと明るく元気に帰ります。

    これまで園児に聞いたところによると、それぞれの家庭でお月見をするのは大体20%位のように思います。それはそれで良いのですが、お月見の行事など四季おりおりの日本の行事の中から日本人としての生き方や心を感じて欲しいと思います。
    ちなみに昨年の十五夜は10 月4 日で私の母の命日でした。一昨年の10 月4日に母は亡くなり、葬儀をあげたのは10 月10 日でした。その間、煌々とお月様が輝き通夜の日には本当にきれいな月の夜となり、母も月の世界に還っていくのだなとしみじみと感じました。

 
    ※十五夜とは、「満ち欠けする月の様子」や「作物が月の満ち欠けとともに成長する」ことから、「農作物の収穫」「ものごとの結実」「祖先とのつながり」をを連想し、それぞれに感謝し祈るようになったのが十五夜です。
旧暦では、月の満ち欠けにより日付を決めていましたので、十五夜(中秋の名月)とは、旧暦8 月15 日の満月を意味します。
また、旧暦で秋は、7 月~9 月となっており、その真中の日が旧暦の8 月15日になるため「中秋」と呼ばれます。新暦では、9 月7 日~10 月8 日頃にあたります。(毎年、十五夜の日が変わるのはこのためです。)
  
  
 

長泉寺住職
奥野 成賢

今回は、ミネ幼稚園のお友達です。





 
2018.09.20

峯のたより15号を掲載しました。

2018.8.16

石川家廟所及び墓碑に関するお問合せについて

2018.6.28

長泉寺境内・ミネ幼稚園の石碑を撤去・移設いたします。

2018.5.3

参道車両通行止めのお知らせ

2018.4.4

PCの一部ブラウザでの不具合について

2018.4.4

夜桜のライトアップを本日から11日まで行います

2018.3.28

境内の桜が開花しました

2018.3.16

峯のたより、最新号掲載しました。

2018.2.28

お地蔵さんの着物等を頂きました。

2018.2.3

節分豆まきを行いました

2018.1.1
2017.10.25

長泉寺の紅葉始まりました。

2017.10.25

日曜坐禅会を10月29日より再開します。

2017.9.22

峯のたより最新版を掲載しました。

2017.7.20

ののさま涅槃苑のご案内

2017.6.7

梵鐘お休みのお知らせ

2017.3.12

東日本大震災七回忌追悼大法要を開催しました。

2017.2.1

涅槃会法要(~2月15日)毎日午後4時から

2016.5.11

「熊本地震・災害義捐托鉢」を行いました。

2015.7.1

エコキャップ回収運動について

2015.2.23

護持会会則を掲載しました。

2014.5.21

ISO14001、認証取得から自己宣言へ移行しました。